スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイス旅行:初日(成田~チューリッヒ)

とうとう行ってきました。スイス!
大変なこともあったけど、子連れならではの楽しみもありました。
また行きたいな~。
それではここから旅行記です。

************************

出発は成田から10:25発のスイス航空チューリッヒまでノンストップ便。
s-DSCF1030.jpg


朝は余裕を持って出発、のつもりが、自宅を出るのが予定より30分遅れ、空港でも両替や保険加入など色々やってて、結局ダッシュで搭乗するはめに・・・。

座席はラッキーなことに、隣が1席空いていました!息子はほとんどひざの上にいましたけど、足をばたばたしたりすることがあり、隣に人がいると気を使うので、助かりました。

この時乗った飛行機は、2-4-2列の小さい飛行機でした。2列の方でも良かったかも。

息子は前日は寝るのが遅く、当日早起きだったため、離陸から1時間半ほど、お昼寝しました。ひざの上でのお昼寝だったため、機内食を載せるトレーを出せなくて、後から持ってきてくださいとお願いしました。

食事中にゆうちゃんお目覚め、離乳食はもう卒業しているので、特別食事は頼んでおらず、持参したおにぎりと、私たちの機内食をわけてあげました。きのこのペンネが気に入ったようでガツガツ食べてましたよ。

スイス航空は味がいいという話でしたが、普通かなぁ。悪くはなかったですけど。ビジネスとファーストクラスは、ミクニプロデュースだそうで、そちらの話かしら?

この後がしばらく我慢タイム。対策として、トーマスのパズル、シールブック3冊、アンパンマンのマグネット絵本、しかけ絵本、いつも読んでる「よるくま」「ねないこだれだ」などなど、たくさん用意していきました(重かった・・・)ひざから降りて、足元で遊んでくれるとちょっと楽。

それでもじっと同じところにいるのは退屈しちゃうので、何度か夫と交代で通路を歩かせたり、キャビンアテンダントさんのいるところにちょっといさせてもらったりしました。小さい飛行機だと、あっという間に端から端まで移動できちゃうのがちょっと残念。

寝てるお客さんもいるので迷惑なんじゃないかとひやひやしつつ、暖かい目で見てくれる人も多かったです。「すみません、すみません」「I'm sorry, I'm sorry」と連呼してはいましたが・・・。

実はこの日の前日、送別会で朝帰り、一睡もしないで飛行機に乗った夫は相当眠くて辛そうで、途中も結構寝てました(-.-#)。イヤ、眠い割りには頑張ってくれたと思うんですが、こっちも気を使うし。おでかけの日に、予定の時間過ぎてに帰ってくることは何度かあったので口酸っぱく出る時間までに帰ってきて、と頼んでいたけれど、今度からは旅行前日は、12時前に帰ってきて、ちゃんと寝てくれ、とお願いしようと心に誓いました。

後半は途中2時間ほど寝てくれました。寝たら床に下ろすといいという話を聞いたことがあったのですが、動かしたら起きて泣いてしまって断念。さすがに腰に来ました。

そんなこんなで約13時間後、とうとうチューリッヒ空港到着!現地時間16:30。
この日は空港近くのホテルを予約していたので、すぐに送迎バスに乗ってホテルへ。

子連れ旅行だし、無理はすまい、とこの日はホテル近くで夕食を取ってすぐお休みのつもりだったのですが、荷物運んだ6時過ぎでもまだまだ明るくて、もったいなくって、市内に行くことにしました。

チューリッヒ中央駅はホテルのあるKlotenからS-Bahn(普通列車、ドイツと同じ名前だ!)で15分ほど。切符の買い方、タイムテーブルの表示の仕方などもドイツと同じだったので、スムーズに行けました。

いかにもヨーロッパ、なチューリッヒ中央駅舎。
s-DSCF1040.jpg


リマト川沿い。真ん中の時計は翌日行った聖母聖堂。シャガールのステンドグラスが美しかったです。
s-DSCF1057.jpg


大聖堂
s-DSCF1055.jpg


おなかが空いたので、適当なお店に入ったのですが、イタリアンのお店で、パスタがいったん茹でたものをあとでいためたり、温めなおしたものらしく、とってもいまいちでがっかりでした。前菜1品、パスタ2品にミネラルウォーターで70フラン(7000円)くらいして、へこみました。この後わかるのですが、スイス、物価高いです!外食すると昼でも夜でも普通に5~7千円しちゃいました!

息子はこの時にはすっかりバギーでおねんね(日本時間では深夜3時くらいでしたから)。おかげでゆっくり食べられはしたけど、悪いことしちゃったな。

この夕食にしゃくぜんとしないまま、この日はホテルに戻ってお休み。

この日のチューリッヒの印象は、特にスイスらしさ、というものはなく、普通のヨーロッパの街、でした.
スポンサーサイト

飛行機よく耐えた!

いや~、まず13時間のフライト報告、ゆうちゃん、そしてパパ、ママともがんばったねー。
興味津々でした。v-10
子連れ旅行でも、外が明るくてもったいなくて、
市街に出ちゃった、っていうのは、気持ち分かるな。
空高くてきれいだし、これから、わくわくな旅行
始まるって感じ伝わるよ。

一日目の食事はなんだかがっかりだったのかな。
これから美味しい食べ物にめぐり逢えるのかしら。。。v-16

>うめまきちゃん

コメントありがと!ホント子連れだし、無理は禁物、、なんて思いきや、やっぱり貧乏性で、ついついハードスケジュールをこなしてしまった私たちです(恥)
非公開コメント

プロフィール

ルーシー1104

Author:ルーシー1104
家族は、夫、H17年生まれの息子、H21年生まれの娘。
昼間は時短ワーママ。なかなか旅はできないけど、
趣味のパン焼き、育児のことなど日記をつづっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。