スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二歳児連れ海外旅行について考察

2歳児を連れての海外旅行って実際どうなの?と言うことですが、

まずすでに書いたように飛行機は意外と楽でした。特に夜便のため、ほとんど寝ていたので。

復路現地を午後2時頃発なので起きている時間が長かったけど、周りも起きている人が多かったのでなんとか。

あと子連れも思ったより多く、泣いている赤ちゃんもいたりして。

予想外に大変だったことは、時差ぼけで夜寝なかったことが2回あったこと。

こちらも睡眠不足の状態で、スリングで抱っこして立って揺らしたり、お遊びの相手したり、きつかった~

それからシーワールドや自然史博物館などで、バギーに乗らずに自分でバギーを押して歩きたがる時。

進むのに時間がかかるし、こちらの行きたい方向なかなか進んでくれなかったり、

それで押すのを手伝おうとすると「○○ちゃんが!!!」っていちいち怒ったり泣いたりするのでとっても面倒・・・

兄に押してもらわないと嫌という時もあって私が押すと怒ることもあったなぁ。

私と娘だけならお付き合いしてもいいんだけど、息子や友達親子もいるから、ひとつの場所をなかなか離れたがらない時は、皆に悪いなって気持ちもあったり。。。

考えてみたら息子@1歳10カ月連れのスイス旅も同じようなことあったような。

ただしあの時は多分夫が動かない息子をうまく、もしくは無理やり誘導してたのかなー。

こんなわけで二歳と言えばイヤイヤ期まっさかりのため、大変と言えばもちろん大変。

でもまあ上の子みたいに生意気なこと言ってむっとくることもないし、

泣いても抱っこしたりおっぱいあげれば鎮まるし、旅行中も可愛いのぅ~と癒されることもしばしばあり。

それに帰国すると大変だった記憶は薄れ、楽しかった思い出のみが印象強く残って行くため、

やっぱり行って良かったなー、また行きたいなーとなってしまいます

もちろん子供にもよるし(大変なこともあったけど、総合的に見てうちの子達はあまり病気もしないし、新しい環境にも適応しやすい方だと思う)、

親の方の受け取り方も様々(私は大変なことあってもまた行きたい!って思うけど、同じ体験をしても疲れるからもういい、、って方ももちろんいるでしょう)。

写真はAちゃん達に連れて行ってもらったLa hojaのお寿司屋さんToshi-san Sushi & Shabu-Shabu

s-Toshi-san sushi20111121

Aちゃん達毎週土曜日にここへ来るのを楽しみにしているそうで、お礼にここでは、私とMちゃんとでごちそうさせてもらいました

お寿司の写真はないけど、すっご~~くおいしかったです♪

アメリカでがんもどきやばってらが食べられるとは思わなかった!

スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

ルーシー1104

Author:ルーシー1104
家族は、夫、H17年生まれの息子、H21年生まれの娘。
昼間は時短ワーママ。なかなか旅はできないけど、
趣味のパン焼き、育児のことなど日記をつづっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。