スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイス旅行:帰国(チューリッヒ国際空港~成田)

とうとう帰国の日になりました。ヨーロッパ発の帰国便は、日曜日着と言っても大抵土曜日出発で、日曜の朝着なので、ちょっと損した気分・・・。
飛行機は13時発だったので、9時前にホテルを出て、空港でお土産をかうことにしました。

子連れ旅の最大のネックは買い物かも。雑貨屋さんやスーパーをのぞくのが大好きな私ですが、息子が騒いだり、お店に並んでるものを投げたりするんで、さすがに今回の旅行では、買い物はほとんど諦め状態。空港では、夫と交代で息子の面倒を見ながら、買い物をしました。

私が息子の面倒を見てる番のとき、窓の向こうで、トランポリンでポーンポーンと飛び跳ねてるらしき子どもが見えたのですが、ちょっと遠そうなので諦め、とりあえずうろうろしていたら、子ども部屋の標識が。入ってみたら、素敵なところでした!
s-DSCF1335.jpg


息子はこの針金に木のブロックがついているおもちゃに夢中。ほかにも木馬や人形やお絵かきセットや、人形用のバギーなどがた~くさん。ほかに7、8人子どもがいたけど、とりあいになる心配などまったく必要ないおもちゃの充実ぶりでした。相当楽しかったらしく、外に出そうとしたら「ナンダヨ~」と怒って顔をバシバシ叩かれました(T_T)

でもチューリッヒ国際空港、思ったほどお店が充実していなかったのでちょっとがっかり。ビールはなかったし、チーズを買おうと思ったのですが、思ったより大きな塊ばかりで予算的に厳しく・・・。会社や親戚へのお土産にチョコレートばかり買い込みました。結局自分たちへのお土産は何も買えなかったのですが、電車好きの息子にこんなお土産を見つけ、息子も気に入ったようで、今でもよく遊んでいます。私たちにとっても良い記念になりました。
s-DSCF1339.jpg


さて、帰りの飛行機11時間半はどうだったかというと、この日も出発ギリギリまでハッスルしており、乗る直前に入眠。飛行機内でもまずは3時間近く昼寝してくれました。おかげでフラガールが見られましたv(^o^)v

起きてからは、プライベートスクリーンで、子ども用の映画もやっていたので、それを一緒に見たり(イヤホンは無理なので私たちが解説)。行きと同じく通路をうろうろ、で乗り切りました。すぐ後ろに小学校高学年くらいのハーフの男の子がいて、息子は勝手に「にいちゃん、にいちゃん」と慕い、座席の間から手を出したりしていたのですが、この男の子もちゃんと相手してくれて助かりました(ゲームをしていたようなので、迷惑だったかもしれないけど)。通路を歩かせている時には、その子のお母さんが、「お母さん、大変よね。」とねぎらいの言葉をかけてくださいました。私は自分の楽しみのためにやってることなので、文句言える立場じゃないんですが、国際結婚してる人は、小さい子どもを連れて飛行機に乗らざるを得ないのでさぞかし大変だろうなあと思いました。

後半もまた着陸4時間前くらいから寝に入りました。一人で抱えていると腰に来るので、今回は夫と私のひざの上に仰向けになるように寝かせました。体重が半分になるので少し楽です。

よく寝ていてそのまま着陸となって欲しかったのですが、着陸態勢に入ったら、子ども用のシートベルトを着けなければならないため、体勢を変えたら目覚めてしまいました。しかも寝てるところを起こされたようなものなのでものすっごい不機嫌!

とにかくシートベルトをしたら、

「きつい~~!!」と号泣されてしまいました。(←きついなんて言葉、知ってたんだね・・・)

ここはおっぱいで寝かすしかない!と、無理矢理飲ませようとしたら、今度は、
「おっぱいヤヤ~~」

こっぱずかしかったです(>_<)しばらく抵抗していましたが、最終的にはおっぱいの力に負け、また入眠。そして無事成田に着陸しました。



スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

ルーシー1104

Author:ルーシー1104
家族は、夫、H17年生まれの息子、H21年生まれの娘。
昼間は時短ワーママ。なかなか旅はできないけど、
趣味のパン焼き、育児のことなど日記をつづっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。