スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰省2007年秋:岡城址と自給自足レストラン

翌日は滝廉太郎の荒城の月のモデルになっている岡城跡というところへ行ってみました。ずっと「荒城の月」がBGMに流れていて、「あれを毎日延々と聞かされていたらたまらないだろうね」と父。同感。
s-DSCF1756.jpg


坂道がきつくて、本丸までは行かず、西の丸までで帰ることにしました。

さっき朝ごはんを食べたばかりだというのに、次はもうお昼ご飯のお店を目指し出発。

ニンナナンナは、平日は農業をやっているご夫妻が週末だけ開いているイタリアンのレストランです。

かなりわかりにくい場所にあり、私達が標識を見逃していたせいなんですが、1時間ほどうろうろ探し回ってしまいました。
s-DSCF1761.jpg


店内は小さいですが、緑と花でいっぱいの広い敷地内には、ハーブのいい香りが漂っていて、アヒルとポニーがいて・・・
s-DSCF1766.jpg


ブランコやシーソーまであって、とっても牧歌的。
s-DSCF1770.jpg


私達はピザ、リゾット、スパゲッティ、ニョッキなどを食べました。

天然酵母のピザの生地も、トマトソースも、チーズもそれぞれが丁寧に作られた味で、本当に美味しい!写真を撮る間もなく、あっという間にみんなの胃袋の中へ・・・。

トマトソースがとても美味しかったのですが、中に入っていたベーコンらしきものを、「これ自家製だね。美味しいね」と話していて、ふと、「これ、鴨じゃない?」と、気づきました。。

お店の人には聞いていないけど、合鴨農法でお米作りをしているそうなので、先ほど庭で見たアヒル君たち、お役目を果たした後には、食べられちゃうんでしょうか?無駄がない。

この後ガソリンがもう少しでなくなるというのに、ガソリンスタンドが3軒連続日曜日でお休みで、かなりはらはらしましたが、4軒目にして無事開いているお店にあたり、なんとかJAFを呼ぶことなく、福岡まで戻れました。3時間弱(?)のドライブ中皆寝てしまったのに、休憩なしでずっと運転し続けてくれたお父さん、ありがとう!!
スポンサーサイト

帰省2007年秋:長湯温泉

土曜日は夫がこちらの来て、両親が私達を大分の長湯温泉というところに連れて行ってくれました。

九州は温泉がたくさんあり、一昨年は湯平、去年は熊本の方と毎年温泉に連れて行ってもらっています。

今年の宿は、母が本当は去年予約しようとしたら3ヶ月前でももういっぱいで取れず、1年越しに、念願かなって来れたところということで、期待も高まります。。

さて、お宿翡翠之庄に着きました。雰囲気が良くて夫と「いいねぇ、いいねぇ」と興奮。
s-DSCF1695.jpg


そして部屋に案内されると、そこは離れで、こんなテラスがあり、そこにはなんと露天風呂まで。ちょっとちょっと奮発しすぎたんじゃないの!?なんて。(本当にありがとう>お父さん、お母さん。)
s-DSCF1702.jpg


お湯は日本一の炭酸泉だそう。この日は離れの露天には入らず、大浴場の方に行っちゃったんだけど、せっかくなんだから部屋のお風呂に入っておけばよかったな。夜はお湯に浮かべるキャンドルまで用意されていました。

お料理は地元の食材を使った懐石。自家製の燻製の盛り合わせや、ヤマメ(ここではエノハと呼ぶらしい)のお刺身、骨をから揚げにしたものなどなど、おなかいっぱい食べました。ごろんと大ぶりに切った生のカブがあまくてジューシィで美味しかったのは、新鮮な地元産だからかな?
s-DSCF1731.jpg


翌日の朝食にもエノハの干物が出ました。部屋食ではなかったけれども、個室になっていたので、息子がうろうろ歩き回ってもあまり気兼ねすることなく食事ができました。思えば2年前には、私が立ってあやしながら食べていたりしたのに、成長してものです。。
プロフィール

ルーシー1104

Author:ルーシー1104
家族は、夫、H17年生まれの息子、H21年生まれの娘。
昼間は時短ワーママ。なかなか旅はできないけど、
趣味のパン焼き、育児のことなど日記をつづっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。